スポンサーサイト

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

女性に多い痔の種類と症状 あさイチ

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク
女性の痔(じ)について NHKあさイチ〜

痔は、恥ずかしいというイメージが多く、大きな声で言えない病気と言う感じ。
でも、女性の痔って凄く多いのだそうです。
子供を出産時のいきみから、痔になったということも良く聞きます。

今日のあさイチでは、痔に関する情報を伝授してくれました。

■女性に多い切れ痔
裂肛(れっこう)とも言い、便秘で硬い便を出そうといきんだ時に肛門が切れる
下痢の時に便が勢いよく出る事で切れる

■切痔の症状と原因
出血は少量だが、激痛を伴う場合もある
妊娠出産を機に、切れ痔になるケース
無理なダイエットで便が硬くなった人も切れ痔になるケース。

■切れ痔注意すること
便秘→切れる→排便をガマンする→さらにひどい便秘になる
上記のような現象を、悪循環(切れ痔スパイラル)と言う

■切れ痔スバイラルの症状
何度も同じ場所が切れると、皮膚がひきつれ、肛門が狭くなる肛門狭窄(こうもんきょうさく)になる

■肛門狭窄になると
手術をして治す事も多い

■肛門狭窄を防ぐには
トイレを我慢しないこと
食事に気をつけること
食物繊維やヨーグルトなどを摂取し、良い便通を心がける
患部を温めると痛みが和らぐといいます。

◎男女に多いいぼ痔とは
血が静脈にたまってうっ血したり、便が出る際にいきむ事で腸の血管が膨らんで起こる

◎いぼ痔の初期
出血しても痛くないため、放置してしまう場合が多い
最初にできるいぼ痔が、肛門の奥にある腸の部分に出来るため
腸の部分には知覚神経が無い為、いぼが大きくなって出血しても痛みを感じず、放置
でも、膨らんで大きくなると、肛門から脱出する場合がある

◎いぼ痔が悪化すると
いぼ痔が戻らなくなり、常に出たままの状態になる
激しい痛みを伴うようになり、薬だけでは治らず、手術が必要

◎いぼ痔の手術方法
いぼを縛って切除する「結紮切除法」(けっさくせつじょほう)
ゴム輪で縛っていぼをえ死させる「ゴム輪結紮法」
いぼをレーザーで凝固させる「半導体レーザー療法」
「ALTA療法」という、注射でいぼ痔を改善させる画期的な治療法

◎ALTA療法とは
治療時間は15分程度で、保険適用できる
(ただし、肛門側にできたいぼ痔には適用できない場合や、手術と併用する場合などがある)

★痔の予防&改善
トイレで長くいきまない(3分以内にする)
朝食をとって便の通りをよくする
湯船につかって血行をよくする

★山口トキコ医師オススメの「肛門体操」
肛門体操とは、肛門を10秒間締めることを10回位行う
うっ血が防ぎ、いぼ痔の予防になる

▲男性に多い痔ろうとは
肛門より数センチ離れた所にハレのようなものができる
激しい痛みと38〜9度の高熱がでる
はれものは、腸管にあるくぼみが化のうして内側から管状におしりに伸びたもの。
肛門の近くにもう一つ穴ができた状態。

▲痔ろうの原因
ストレスやアルコールによる下痢
痔ろうは手術しなければ完治しないので、おできと思って放置せず、早期発見を心がける。

※温水シャワーの使い過ぎに注意
温水洗浄トイレを使いすぎて痔を悪化させる場合もある
一日に何度も(小用のときも含め)いぼ痔に温水シャワーをあてたため、患部のまわりがかゆくなり、痔がただれる場合もある

※正しい温水シャワーの使い方
痔の人は、適度な温度(人肌ぐらい)
適度な量(流水を一番弱く)
適度な時間(10秒程度)

スポンサーサイト

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク
- |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 女性に多い痔の種類と症状 あさイチ | 健康レシピ情報集. All Rights Reserved.