スポンサーサイト

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

腰痛防止簡単エクササイズ 

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク

腰痛防止 簡単!エクササイズ はなまるマーケットより

「腰痛防止エクササイズ」

寒い時期におこりやすい、腰痛。
寒いと縮こまり、硬くなる筋肉が、腰痛の原因と言うことでした。

横座り、あぐら、体育座りの姿勢で長時間座っている事で心配される腰痛。
骨盤が後傾してしまい、 腰痛が起こりやすくなるそうです。

さらに、背骨の腰の部分にある五つの骨腰椎に体重が集中。
すると、筋肉に負担がかかり、筋肉疲労等による腰痛が起

ずっと同じ姿勢を続けると、だんだん腰が曲がってきます
前かがみを続けていると、前にある椎間板がずっと潰れた状態で腰痛が強くなると言うことでした。


■椎間板とは
椎間板は、骨と骨を結合している軟骨のこと。
同じ姿勢で長時間いると、ここに老廃物が溜まり腰痛を引き起こす。

■ぎっくり腰の原因
腰が冷えていたり、硬くなった状態から急に起きあがって重いもの持つ
その事が原因で、ぎっくり腰や急性腰痛になる可能性が高い

■ぎっくり腰の予防
ぎっくり腰を防ぐには、動き始めの時に、軽いストレッチや軽い運動をする。

■ギックリ腰防止簡単ストレッチ
1. イスに軽く腰かけ片手で体を支え、もう片方の手は腰にあてる。
2. ゆっくり円を描くように腰を回す。
※左右交互に10回行う。

■ぎっくり腰を防ぐ座り方
1. 座布団の場合二つ折り、毛布の場合三つ折りにし10cm位のイスを作る。
2. それらを縦にして前の方にまたいで座る。

※骨盤が正しい位置にきて、正座やあぐら、体育座りをしても腰が疲れにくく、腰痛防止になる。

■腰痛防止エクササイズ方法
1. あぐらをかいて、体を後倒し、前に立てるのを5回行う。

■疲労回復背中のマッサージ方法
1. カラーボールや軟式テニスボールなどを2つ靴下の中に入れ、きつく口をしばる。
2. この上に寝転んで背中のマッサージをする。
(イスの背もたれでも壁でもOK)

 

Copyright (C) 腰の病気 | 健康レシピ情報集. All Rights Reserved.