スポンサーサイト

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

尿のトラブル回復 たけしの家庭の医学 

健康を意識し、食事、運動、睡眠など様々自己管理が必要。
テレビで放送されている健康情報を集めてみました。
スポンサードリンク

 テレビ朝日 みんなの家庭の医学〜たけしの健康エンターテインメント(3月1日放送)

今日の家庭の医学は、尿についてがテーマ!!
夜中にトイレに行く回数の多い人は、死亡率が高いと海外の研究で言われてるそうです。
若いころは、夜中にトイレに行くことがなかったですが、最近は・・・。
トイレに行く回数が増えています。

特に、子供を出産してから、尿のトラブルを抱えている方も多いと聞きます。
そんな尿に関する、たけしの家庭の医学での情報をまとめてみました。


■尿トラブルの原因 
膀胱に潜む神経組織・・畜尿力の差が原因・・C繊維の活性化

■蓄尿力の差が原因とは
少量の尿で脳神経に尿意を伝達
通常、活性化していないはずのC繊維が何等かの原因で活性化してしまう

■C繊維の活性化の原因
肥満、運動不足、アルコール摂取など生活習慣

■C繊維が活性化していないかチェック
水を大量に飲んで、30分以上後の尿意ならば正常、30分未満ならC線活性化の可能性が・・

■膀胱周りの筋力トレーニング方法
※通常膀胱周りの筋肉は鍛えにくいが、下記の筋肉を鍛えると良い

「骨盤底筋」「内ももの筋肉」「お尻の筋肉」

■「骨盤底筋」「内ももの筋肉」「お尻の筋肉」を鍛えるフラダンス方法

用意するもの=バスタオル、大き目のゴム(つなぎ目をゴムで止め、ねじって腰骨で回す)

(基本姿勢)
1.頭の後ろで手を組む。
2.足を肩幅程度に開きお尻に力を入れて、腰を落とす。

(腰の動き)
1.ミゾオチを軸に腰を前後に動かす。
  ※横から見てバスタオルが床と平行になるようにする。
2.ミゾオチを軸に左右に動かす。
3.みぞおちを軸に腰を大きく回転し、逆の方向にも回転させる

(ステップ)
1.腰を左右に振りながら左右に2歩ずつ動く。
2.動かずにその場で重心を片足ずつ移動させる。
3.深呼吸する。
4.右足を前に出してゆっくり息を吐き出す。


※毎日1分続けると効果的!ということでした。
尿トラブルがある人は2〜3か月で効果を実感できるそうです。
フラダンスを行うには、入浴前がより効果的と言うことでした。

Copyright (C) 膀胱、前立腺、痔 | 健康レシピ情報集. All Rights Reserved.